ダイハツ ミラジーノついに購入

ダイハツのミラジーノ買いました。
ミラの派生モデルで今はもう生産してません。
なので中古です。
人気のL700です。
ネットで調べたらジーノ専門店までおあるんですね。
あんまり意識してなかったんで気付かなかったんですけど、結構今でも街中で見かけたりします。
今まで中古車は抵抗があって乗ったことないですし、軽自動車も男が軽なんて!って思ってたんで乗ったことありませんでした。
でもジーノちゃんのルックスに惚れてついに買ってしまいました。
そのレトロなルックスに惚れぼれです。
十三年落ちの中古車なんできちんとメンテナンスしないといけませんが少しでも長く乗りたいなと思っています。
ボディカラーは最後まで悩みました。人気のグリーンか、キュートなレッドか、目立つブルーか。
で、結局レトロなホワイトにしました。
今までなら絶対選ばなかったであろうホワイト色の軽自動車。
白はおっさん臭いというイメージがありましたけどジーノにはむしろこういう色のほうがレトロ感が際立って逆にオシャレな感じがします。
窓を全開にしてドライブしたいです!

やっぱり実物を見ると購買意欲が急上昇!

妊娠がわかり5人家族となることになり、それまで乗っていた大きめの軽自動車ではどうにもならなくなったので、新車購入を検討することになった我が家。倹約家の嫁は、それでももう一つ気乗りしない様子で、なかなか販売店に行こうともしてくれません。ただ、生まれてしまうとそれこそどこにも行けなくなってしまうので、渋々検討を始めてくれました。軽自動車より大きく、ワンボックスなどの大型でもないちょうどいい車。
そうなると選べる車種は限定されるので、選択肢は少なくなりメーカーも限られます。なので早速ターゲットとなる車のあるディーラーへ週末行ってみました。入店すると、たまたま狙っていた車種が中央に展示してあり、これだと説明すると「思ったよりいいじゃん!この色にしよう!」即決。もちろん細かい仕様やオプションなど一通り説明を聞き、決めなければならないことも多かったですが、とにかく速攻で嫁は決心したようです。やっぱりカタログでみるのと、実車に触れるのでは全く印象も異なり、購買意欲も急上昇するのだと実感しました。
ジューク 買取

ペーパードライバーだった私が、いきなりのアルファード

18歳で免許を取り、ずっと車に不自由がなかったため31歳になってもペーパードライバーのままで、このまま車とは縁のない生活なんだろうなと思っていた矢先、3人目の子供が産まれてどうも車がないと移動出来ない生活に陥りました。旦那に相談したところ犬も飼っているため旅行等連れて行く事が想定され大きいミニバンを検討する事にしました。車と言えば私達はトヨタと決めており、初めての車購入だったため、どうせなら高級な車にしたいと決めました。早速トヨペッツ川崎中原店へ行き、アルファードかベルファイアを試乗。
内装はほとんど変わらず直観でアルファードの黒タイプゴールドⅡの型にしました。新車なので、装備をトヨタの営業の方にお任せしたところ、カーナビやテレビのフル装備で簡単な操作のものを用意してくれて機械音痴な私でも使いやすく快適でした。値段は420万ほどで一括で買ったので気分が良かったです。車はほとんど運転したことがなかったため再度教習を受ける事にしました。子供がいたため出張型の自分車に助手席で教官がサイドブレーキを引いてくれ、恐怖感は避けられたものの駐車の技術が全くなかったため幅感覚が分からず苦戦しました。一人で運転して1年近く経った今でも狭い駐車場では何度も切り返ししています。それでも無事故無違反で今現在運転しており、1年間で生活がだいぶ変わり便利になりました。